SSブログ

廃墟に向かってまっしぐら [ブランチ業務日誌]

 昨晩、停めたクルマの中でウツラウツラしながらFMを聴いていたら、ある人のコメントにビックリして目が覚めてしまいました。こういうことを語れる人がいるんだなあという感慨も一入(ひとしお)のコメントとは

  だいたい、観光立国なんてことを言うのは、文化果つるところが最後に出してくるものであって、もう、廃墟驀地(まっしぐら)なんだもんなあ

  ちょっと分かりにくいかもしれません。2020年東京五輪で世界中から日本に観光客がやってくるときに、地方がその人たちを呼び込むことができるか、客として獲得できるかという話の中で、ゲストの出演者が「なんでも観光に頼るのは危険で、向き不向きを考えた方がよい」と言った後に、ホストが口にしたのが先ほどのコメントだったのです。

 以前、私もナビゲーターというものを担当させてもらったことのあるJ-WAVEのジャム・ザ・ワールドという番組があります。その一部で、番組中番組の形でビルトインされた「ロハス・トーク」というコーナーがあるのをご存じでしょうか。雑誌『ソトコト』の小黒一三編集長がホスト役を務め、何かしら環境問題にコミットしている各界の人物をゲストに呼んで、小黒さんとのトークを聴かせるものです。月曜から金曜までの5回分、おそらくは一度に収録して、5回分に編集しているのでしょう。生放送2時間枠の中にある10分間は、ナビゲーターにとっては「休憩時間」ともなり、リスナーにとっては生と違うテンションで、気分をリフレッシュしてくれるものになっています。

 これまで、小黒さんのコメントに感心したことはあまりない()のですが、今回のコメントは凄いと思いました。今週のゲストは()トランジットジェネラルオフィスの常務執行役員の岡田光さんという方で、同社は「空間創造総合企業」と銘打ち、「ファッション、建築、デザイン、アート、音楽、飲食など」をプロデュースするという、実に「今風な」会社のようです。ただ、この岡田さん、ものを見る目に冷徹さというか、確かさのようなものが感じられるお話しぶりでした。あるとき、「10年後のライフスタイルを考えて欲しい」と依頼されたのに、「いいことが1つも思い浮かばなかった」といいます。ご自分でも、そのことにショックを受けたとお話になっていましたが、これはそのまま、小黒さんが言う「廃墟に向かってまっしぐら」状態の、今の日本を象徴する話なのだと思います。こういう方たちにも、日本の明るい未来を描くことは困難になっているのです。

 闇が広がっているなら、徹底的にその真っ暗な闇を見つめるのも一興だなと思うようになりかけている今日11月13日金曜日(!)の<uttiiの電子版ウォッチ>、ご覧ください。

 ……………………………………………………………………………………………

 以上は、11月13日に配信した<uttiiの電子版ウォッチ>の冒頭部分です。日曜祭日を除く毎日配信している新聞4紙を読み解くメルマガですが、【はじめに】のところでこんなことも書いています。

続きは<uttiiの電子版ウォッチ>でどうぞ。有料のメルマガ(一ヶ月324円)ですが、初月分は無料です。

uttiiの電子版ウォッチ> http://www.mag2.com/m/0001652387.html 
  

 

 


nice!(0) 

nice! 0

ムクドリの大群春の嵐 ブログトップ
メルマガ登録・解除
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます