SSブログ

天安門事件をご存じですか?(4) [uttiiの電子版ウォッチ]

27年前の北京取材について書いてきました。今回が最後の4回目です。その後も、北京を含め、中国へは何回か取材で訪れていますが、このときほど、強い印象が残った旅はありませんでした。

さて、取材というと、何か特別で、凄いことのように感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、所詮は「見て回り、聞いて回る」こと。しかも、少なくとも当時の常識でいえば、私のように経験も識見も著しく不足している人間が押っ取り刀で出掛けていき、対象のごく一部に触れただけでとって返し、そこで得たものを「リポート」と称して視聴者に返していく、そんなことに過ぎないのです。

「群盲象をなぜる」の喩えの通り、1人1人の抱いた感想などはごく一部をデフォルメした、不正確極まりないものであることが多い。その意味で、当時の私の「取材の成果」などは取るに足らないものだということをお断りした上で、それでも、この27年前の取材の最後に出くわした映像についてお話しすることを、お許し頂きたいと思います。

わずか一泊二日の“取材の旅”を終え、香港に戻るため、北京の空港に向かいました。翌日の早朝は香港から生中継で出演することが決まっています。空港待合室には、10分ほどの短いビデオが流れていて、吸い寄せられるように見入りました。

確か「暴乱之真相」というタイトル。

天安門事件で学生らはいかにひどいことをしたか訴える内容で、確か白黒。繰り返し同じものが流されていたという記憶です。全編にわたってナレーションが付けられており、中国語は分かりませんでしたが、映像とテロップを見て、中国政府が言いたいことはだいたい分かりました。画面下に「北京已発生厳重的反革命暴乱」というような文字が出てくれば、日本人なら大凡の理解はできます。已に国際的に孤立しつつあった中国政府が、軍による鎮圧の正当性を主張し、民主化運動は反革命分子が扇動したものだというのです。

驚いたのは、民主化運動の学生リーダーたち、王丹や柴玲、ウーアルカイシの日常の姿がカメラで捉えられていたことです。彼らが食事をしている様子は、監視カメラの映像のようでした。ハンガーストライキを組織していながら、運動の幹部たちは高級なレストランで美味いものをたらふく食っている。そんな薄汚い奴らなのだというような攻撃が為されていたようでした。

ずっと前から幹部らは常に監視され、映像を撮られ、こんな宣伝映画が作られていたということに衝撃を覚えました。なんということだろうか…。また、無性に腹が立ってきました。

香港からの生中継は無事に済みました。しかし、おそらくは北京で食べた屋台の揚げパンのせいで腹を下してしまい、出演中は平静を装っていましたが、その前後にはトイレに駆け込まざるを得ないという状態。しばらくは、下腹に北京の“痛み”のようなものが残っていました。

……………………………………………………………………………………………
 
以上は、12月1日に配信した<uttiiの電子版ウォッチ>の冒頭部分をもとに、加筆したものです。
 
<uttiiの電子版ウォッチ>本体は、土曜・日曜・祭日と新聞休刊日の翌日を除き、毎日配信している新聞4紙を読み解くメルマガです。【ショートバージョン】は午前中に、【フルバージョン】は当日中に配信しています。この度、「まぐまぐ大賞2016」で「ジャーナリズム賞」の第2位を頂きました。
 
この続きは<uttiiの電子版ウォッチ>でどうぞ。有料ですが格安のメルマガ(一ヶ月324円)、しかも初月分は無料です。 

<uttiiの電子版ウォッチ> http://www.mag2.com/m/0001652387.html   

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

天安門事件をご存じですか?(3)|- ブログトップ
メルマガ登録・解除
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます