SSブログ

格安航空会社を使ってみた(その1) [uttiiの電子版ウォッチ]

先週からお届けしてきました「上海話」。あと1つで、一応の締めくくりということになります。ただし、五つ目のテーマ、話が少し長めになりそうですので、今回と次回の2回に分けてお届けしたいと思います。今回のテーマ、実は、厳密に言うと“上海”の話ではなく、行き帰りの飛行機の話なのです。これが、色々と面白かった。

今回初めて、LCCというもののお世話になりました。ロー・コスト・キャリアー。運賃が格安になっていることが特徴の航空会社を、略してLCCと呼びます。それ以前からある航空会社をわざわざ“レガシー”と呼んだりするのは、新興勢力であるLCCと区別する意味合いがあるのではないかと、これは私の勝手な想像ですが、思っています。

とはいえ、日本のLCCのなかには、日本航空や全日空の傘下に入っているものもあります。譬えは悪いですが、バブル期の銀行とノンバンクの関係みたいなことでしょうか。ピーチアビエーションとバニラ・エアは全日空系、ジェットスター航空は日本航空系と言ってよさそうです。“独立系”を含め、資本関係はそれぞれに複雑ですが、要は、サービス簡素化などコスト削減を徹底し、安い値段で乗れるようにした飛行機ということで、これまで飛行機を利用してこなかった人たちにも乗ってもらい、新しい需要を開拓していこう、という動きが背景にあります。

さて、私がお世話になったのは、春秋航空という、中国系の航空会社でした。中国では初の、そして最大のLCCだそうで、中国の国内各地を結ぶほか、日本との間に国際便も飛ばしている大手です。経営トップの王正華さんは、乗客の「立ち乗り」を検討していると言ってみたり、「片道1円航空券」をぶち上げたりと、物議を醸すのも巧みな辣腕経営者。立志伝中の人物でもありますから、きっと、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。

コストダウンは様々な方法を駆使して行われているようでした。乗客が実感できることで挙げると、座席の間隔を狭めて大勢の客を乗せている、機内サービスはほとんどなく、あっても有料、ボーディングブリッジではなく、懐かしいタラップを使用…といったところでしょうか。乗務員の採用方法や訓練方法とか、目に見えないところでも、とにかくコストは削りに削り、「1円の無駄も許さない」。これが“LCCの本分”と言うわけです。

今回のフライトで実感したことをいくつか挙げていきますが、今回はここで“寸止め”(笑)。ここから先は次回のお楽しみということに。それでは、11月21日月曜日の<uttiiの電子版ウォッチ>と参ります。
 
mmexport1482748122367.jpgmmexport1482748151768.jpg
 
*茨城空港に駐機中の春秋航空、A320。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*こちらは上海浦東空港で。 
……………………………………………………………………………………………
以上は、11月21日に配信した<uttiiの電子版ウォッチ>の冒頭部分をもとに、加筆したものです。本体は、土曜・日曜・祭日と新聞休刊日の翌日を除き、毎日配信している新聞4紙を読み解くメルマガです。【ショートバージョン】は午前中に、【フルバージョン】は当日中に配信しています。続きは<uttiiの電子版ウォッチ>でどうぞ。有料ですが格安のメルマガ(一ヶ月324円)、しかも初月分は無料です。 

<uttiiの電子版ウォッチ> http://www.mag2.com/m/0001652387.html    


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

メルマガ登録・解除
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます